初詣

(遅ればせながら)

あけましておめでとうございます。

今年も、よろしくお願いします。

昨日、やっと初詣へ行ってきました。

アルバイトを週5日やりながら、細々と、科学教室を続けています。

けちゃっぷ、まだまだ諦めないよ。

プラバンキット

昨日は、保育園での科学あそび教室。

テーマは「プラスチックであそぼう!」。

プラバン工作もやりました。

今回は、初めて工作キットを使用。

何年も、自分流でプラバン工作を教室でやってきましたが、こういうキットを使ってみると、色々勉強になる。

私も、科学あそびキットを作ってみたい!

ピアノの発表会

娘のピアノの発表会+クリスマス会がありました。

こんな時代なので、全員マスク着用、消毒の徹底はもちろんのこと、

「二部制」「観客は生徒一人につき一人」「30分に一度の換気」など、気を遣っていただきながらの発表会でした。

緊急事態宣言時は、いち早くオンラインレッスンを取り入れてくださったり、今回のような発表会を企画してくださったり、とても前向きな先生には頭が下がります。

会の挨拶でも「コロナだから、できなくなったことばかり考えず、コロナだから出来るようになったこともあるはず」と。

ピアノの発表が終わった後、それぞれ持ち寄った音の出るもので、合奏。

そして、一人500円程度のプレゼントを持ち寄り、プレゼント交換。

私は、見てるだけでしたが、楽しいひと時でした。

練習熱心ではありませんが、ピアノ好きの思いが、ずっと続いていると言っている娘。

ピアノ嫌いなのに、無理矢理続けさせられていた私には、娘が、羨ましい。

表彰式及び受賞記念パーティーレポ2

(父が、公益財団法人アパ日本再興財団主催「第十三回  真の近現代史観懸賞論文」で、優秀賞を頂き、表彰式と受賞記念パーティーのレポです。)

こんな時代だから、表彰式及び受賞パーティーは、シンプルに行われるのだろうと思っていたら、とんでもなかった。

もちろん、消毒の徹底や、密にならない気配りは、あちこちにされていましたが、想像を超える華やかな会で、ただ、ただ、びっくり。

表彰式 第一部 (鳳凰の間)

表彰式 第二部 (鳳凰の間)

最優秀藤誠志賞 河添恵子氏 特別講演

受賞記念パーティー(富士の間)

パーティーには、アパホテル代表の本谷外志雄氏、ユニークな帽子姿で有名なアパ社長はもちろん、

デザイナー桂由美氏、日本ギニア友好協会顧問オスマン・サンコン氏、カリフォルニア州弁護士ケント・ギルバート氏など、テレビで見たことのある学者、タレント、有名政治家がぞろぞろ、、、、

雰囲気に、ただ、ただ、圧倒されました。

次から次へと政治家達が壇上に上がり、スピーチをした後、学生部門の受賞者の三好氏が登壇。

「人見知りタイプ」と、直前言っていたので、またまた母目線で心配しましたが、立派なスピーチをしていました。そりゃそうだ。優秀な方だもんね。

直前にビールやワインを飲んでいた父のスピーチも心配だったけど、大声で、頑張っていました。父は、人前で話すのは慣れているのでしょうね。

無事に、表彰式、パーティー、終わりました!

アパホテル関係者の方々なのか、明治記念館の方々なのか分かりませんが、受賞者である父と連れの私に、とことん気を遣っていただいたおかげです。

心より感謝いたします。

全くの別世界へ紛れ込み、刺激的な一日でした。

私も、何か、公募しようかな(笑)

表彰式及び受賞記念パーティーレポ1

父が、公益財団法人アパ日本再興財団主催「第十三回  真の近現代史観懸賞論文」で、優秀賞を頂きました。

最優秀藤誠志賞は、ノンフィクション作家の河添恵子氏

「今も歴史の瞬間を生きている〜中共に迎合したマスメディアの死」

河添氏の特別講演

懸賞金は500万円及び全国ホテル巡りご招待券(1年間有効)

次点である父の論文は、

「硫黄島の戦いを日本民族の魂として永遠に伝える」

父への懸賞金は50万円及び全国ホテル巡り招待券(1年間有効)

昨日は、表彰式、受賞記念パーティーということで、私も父の付き添いで出席してきました。本当は、母が付き添うべきなのでしょうが、母は、このようなパーティーが苦手で、私に代わりに行ってくれないかと。

親孝行+好奇心で、行ってきましたよ!明治記念館。

優秀賞(学生部門)受賞者 三好正雄氏

優秀賞学生部門を取られた三好正雄氏の論文は、

「日本人は、進歩主義の呪縛から脱却できるか?:真の精神的独立を勝ち取るために」

懸賞金は、父と同じ50万円及び全国ホテル巡り招待券(1年間有効)

三好氏とは、控え室で席が同じだったので、色々話しました。

現在、京都大学修士課程2年生ということで、うちの長男と、あまり歳が変わらないので、すっかり、母目線になっちゃって。

三好氏のお母様は、今回、体調不良で来られなかったらしいの。

カメラもスマホも、クロークに預けてしまったという三好氏のために、記念写真撮りまくり。お母様(たぶん、私と同世代)に、晴れ姿、見せてあげてね。

レポ続く。

役員尽くし

昨年度、次男関連の役員が終え、これで、PTAなどの「役員」は卒業しようと決めていました。

保育園、小学校、中学校、それぞれで役員×3=9期以上やったので、もう十分かなと。

少年サッカークラブの役員×2もやったしね。

と思っていたら、今年、高校へ入学した次男の部活の役員をやることに。

少年サッカークラブで、長いこと付き合いのあるママさんからの誘いで、ついつい引き受けてしまいました。

先週、初めて、役員3人で、ミーティング。

役員3人共、3人の子どもを育てた(育てている)ので、共通の子育て談義で盛り上がりました。一人のママさんは、すでに7歳のお孫さんがいらっしゃるそう!

面白い出会いや体験ができるので、たくさん役員をやって良かったと思っています。

今年度は、他に、地域の役員(持ち回り)と、娘のダンススクールの役員(持ち回り)もやっているので、結局3つの役員を引き受けています。

でもね、もう、卒業してもいいよね。

来年度こそは、役員はやらない(笑)

くっつけ砂鉄

昨日は、保育園でのサイエンス教室でした。

テーマは「磁石」。

前半は、磁石を使った実験、後半は磁石を使った工作を二つ用意していたのですが、子ども達、砂鉄遊びに夢中になっちゃって。

この砂鉄は、長男が小学生の時、稲村ヶ崎の海岸で、大量に取ってきてくれたもの。

稲村ヶ崎では海の底に砂鉄の層があって、そこから砂鉄が浜辺に打ち上げられるそうです。

昨日の教室では、砂鉄を知らない子ども達がたくさんいて、磁石に砂鉄がくっつくと、大興奮!

あまりにも楽しそうなので、科学工作は一つ省いて、砂鉄遊びを思う存分やらせてあげました。

こういう、シンプルな体験を大切にしたいと思っています。

息子が取ってきてくれた砂鉄は、かなり減ってきたので、今度、稲村ヶ崎に砂鉄取りに行こう。

バイトけちゃっぷ

コロナのせいで、サイエンスショー関連の仕事が激少しました。

仕方ないですが、これでは生活はキツいし、体も頭もなまるので、9月からアルバイトを二つ始めました。

一つは、幼児教室。

ご縁があって、幼児教育の講師として週2アルバイトで採用していただきました。

けちゃっぷ色は一切隠して、先輩講師の方々(←年下)に、一から教えていただいています。

昨日、週1日の池袋研修が終わりました。

科学館勤務時代からずっと研修講師側だったので、この歳で、色々ダメ出しを喰らって、めげそうでしたが、これも勉強と自分に言い聞かせて、3ヵ月間頑張りました。

池袋には、今後、そうそう来ることもないと思うので、前から気になっていた池袋の店に寄って帰ってきました。

egg 東京

ニューヨーク州ブルックリンに本店があり、一日中朝食が食べられるそうで。

看板メニュー「エッグロスコ」に挑戦。

真ん中を切ると、、、

中から、トロトロたまごが出てくるというトーストです。

値段は1580円(+税)

幼児教室の時給より高い、、、

しらぎくでショー

昨日、戸塚区にある幼稚園で、サイエンスショーをやらせていただきました。

園児数300名近くいる大きな幼稚園で、園庭は小学校の校庭くらいあるし、園庭とは別の庭には楽しそうな遊具がたくさん!

昨日は、新型コロナ感染症対策として、「野外」で、「2回に分けて」やりました。

写真:しらぎく幼稚園ブログからお借りしました

前日までの暖かさから、一気に寒くなり、風もあったので、無事にできるのか心配でしたが、なんとか2回完了!

写真:しらぎく幼稚園 ブログからお借りしました。

母の会役員さん達が、お手伝いしてくださり、盛り上げてくださったおかげです。

実験道具も私も、砂まみれになってしまいましたが、楽しかった!

「けちゃっぷ先生、またきてね」と、たくさんの子ども達が声かけてくれて、感謝感激。

コロナのせいで、なかなか思うような活動ができませんが、子ども達に、もっと、もっと、科学あそびを届けたい。

園で育てたという立派な大根をいただきました!

せんべいの庭

草加出張ついでに、「せんべいの庭」へ寄ってきました。

こちらへ来るのは3回目。

「ただいま!」って気分です。

山田うどんで、パンチ(もつ煮込み)定食を食べた後だったので、甘いものが食べたくて。

せんべいソフト

煎餅とソフトクリームのコラボ。

これが、合うのよね。庭を見ながら、ひと休み。

こちらのお店では、たくさんの煎餅が売っていて、以前は試食も色々できたけど、今は試食はなし。仕方ないけど、寂しいです。

今回買った煎餅。

おこげ煎餅が、絶品です!